【おつまみレシピ】魚河岸あげの大葉包み焼き*みょうがおろしで。

魚河岸あげの大葉包み焼き みょうがおろしで魚介系レシピ

どうも、MI-RINです。

今回はこちら↓

魚河岸あげ

紀文の「魚河岸あげ」を使った、夏にぴったりの簡単爽やかおつまみです。

このレシピは「紀文 魚河岸あげレシピコンテスト」で「さっぱり賞」をいただきました!

魚河岸あげというと、ほどよい柔らかさとスッキリとした魚の旨味に、表面の香ばしさがクセになる、さつま揚げ的美味しさの商品ですが…。

もちろんそのまま食べて美味しいものを、今回はあえてアレンジします!

そのまま食卓に出すと、「そのままかよ!」ってツッコまれるかもしれないので、ちょっとアレンジしてワンランクアップの宅飲みおつまみに変身させましょう!

今回のこだわり
  • 大葉とみょうがを加えて香り高く、食欲もアップ
  • ごま油で香ばしく焼いたところに、大根おろしを加えてさっぱりと
  • 冷んやりと熱々の温度差がポイント
  • 冷酒や焼酎に合う、ちょっと大人のおつまみ

アレンジといってもとっても簡単です。難しいことは一切なし。

ものの10分もかからず完成します。

特に大切なのが「香り」。

大葉やみょうがの香味野菜ならではの爽やかな香りと、ごま油の香ばしい香りが加わることでグッと美味しくなります。

あったかい魚河岸あげに、冷たいみょうがおろしを乗せる、この温度差が最高。

冷酒をちびちびもいいし、焼酎の水割りで流し込むのもまたオツです^^

もちろんお酒のお供としてだけでなく、ご飯にも合いますので、普段使いのおかずとしても。

魚河岸あげの食べ方をちょっと変えてみたいな…と思ったら、ぜひお試しください。

それではレシピをどうぞ。

【おつまみレシピ】魚河岸あげの大葉包み焼き*みょうがおろしで

材料 (2人分)

  • 紀文 「魚河岸あげ®」…4個
  • 大葉…4枚
  • みょうが…1個
  • 大根…5cm位(約120g)
  • 片栗粉…適宜
  • 醤油…小さじ1~
  • ごま油…小さじ1

作り方

1.みょうがは半分に切り、横に薄く切る。(半月状)

2.大根はすりおろして、みょうがを和えておく。みょうがおろしの完成♪
(水気が気になれば、大根の汁を軽く絞っても)

3.大葉は洗って軸を落とし、接着するところだけ片栗粉をつけ、魚河岸あげに押し付けながら包む。(引っ付かなくてもOK)

4.フライパンを中火で熱し、ごま油をひいて、魚河岸あげを並べる。
(大葉がはがれても気にしなくてOK)

5.焦げ目がついたら箸で大葉を挟みながらひっくり返し、両面こんがり焼けたら皿に盛る。(焦げやすいのでさっと焼けばOK)

6.魚河岸あげの上にみょうがおろしを乗せ、おろしの上に醤油を垂らせば完成♪
 お好みで鰹節を散らしても。

魚河岸あげの大葉包み焼き みょうがおろしで

コツ・ポイント

  • よりさっぱりが好きな方は、醤油と一緒にお酢も少し垂らすと美味しいです
    醤油の代わりにポン酢でも
  • 大葉ははがれやすいので、巻くときにはがれても、焼けば引っ付くので大丈夫です

レシピの印刷・共有はこちら

クックパッドキッチンにも載せています。

レシピの共有、印刷はこちらからどうぞ。

(つくれぽでご感想もいただけると嬉しいです^^)

レシピブログはこちらから。他のブロガーさんもぜひ見てみてね♪

タイトルとURLをコピーしました