【レシピ】レンジで簡単♪ツナ玉丼【節約・時短ランチ】

レンジでツナ玉丼ご飯・めんレシピ

どうも、MI-RINです。

今回はレンジで作れる、暑い日にもぴったりなツナ玉丼です。

節約したい時・時短ランチにもおすすめです。

暑くなるとどうしても調理が大変で、ついつい素麺など冷たいものばかり食べがち…。

冷たいものを食べて体を冷やすことも大切ですが、食べすぎると胃腸の働きが悪くなったり、代謝が落ちたりと体調を崩す可能性があります。

だからと言って火を使うのはやっぱりしんどい!

ということで、レンジで簡単に作れるレシピを考えました^^

レンジ加熱だけだとキッチンが暑くなりにくいので、夏場でも苦にならないかと思います。

ツナ、玉ねぎ、卵が相性抜群!

ツナのコクと玉ねぎの甘み、甘辛い味付けでご飯が進みます

年齢性別問わず、誰もがきっと好きな味です。

「ツナ缶、玉ねぎ、卵」は、常備している方も多いのではと思います。

しかも手頃な価格の食材ばかりなので、かなり経済的で節約にもなります。

ツナ缶の汁も丸ごと使うことで、捨てるところは一切なし

ツナの美味しいところも栄養も丸ごといただきます^^

他にも…
  • 鍋で加熱するより火の通りが早いので時短
  • 栄養バランスがいいので、お手軽ランチ
  • 卵にしっかり火を入れておけば作り置きにも

フタをして一気に火を入れるので、火の通りがグッと早くなります。

トータルで10分かからないぐらいで作れるので、あまり時間のない日にもおすすめです。

ツナも卵も栄養価の高い食材。タンパク質が豊富で夏バテ予防にも必要不可欠です

玉ねぎを加えることで野菜も取れ、これ一品でかなりバランスが良くなります。

さらに、野菜の味噌汁やスープ、サラダあたりを足してあげればバッチリ!のランチに。

卵をトロトロに仕上げる場合と、しっかり加熱する場合の2つの加熱時間を工程に記載しています。

しっかり加熱する方にすれば、作り置きとして冷蔵保存ができます。

ただ夏場は長期保存に向かないので、できれば翌日まで。

長くても翌々日までには食べ切ってください。

涼しい季節であれば3日ほど保存できますが、3日目は再加熱してから食べるようにしてください。

暑くて料理が嫌になる時もありますが、このレシピが少しでもお役に立てば嬉しいです^^

それではレシピをどうぞ。

【節約レシピ】レンジで簡単♪ツナ玉丼

材料 (2人分)

  • ツナ缶…1缶(約70g)
  • 玉ねぎ…1/2個(約120g)
  • 卵…2個
    • 醤油…大さじ2
    • 砂糖…大さじ2
    • みりん…大さじ1
    • 酒…大さじ1
    • 胡椒(なくてもOK)…少々
  • ご飯…2膳

作り方

1.玉ねぎは皮をむいて薄切りにする。(食感を残したい時は、5mm幅ぐらいに切る)

2.ツナ缶(汁ごと)、玉ねぎ、調味料を耐熱容器に入れてよく混ぜる。
 ふんわりラップをかけ、レンジ(600w)で2分加熱。

3.一度取り出し、汁に浸っていない玉ねぎが汁に浸るよう、よく混ぜる。
 再度ラップをかけてレンジで2分加熱。

4.取り出して卵を投入する。
(別で混ぜないことで、洗い物減らす作戦)

5.卵をよく混ぜる。もう一度ラップをかけて、レンジで2分加熱する。

6.全体をよく混ぜる。トロトロの卵が好きな人はここで完成♪

7.少ししっかりめの卵が好きな人、作り置きにする場合は、もう一度ラップをかけて、30秒加熱すれば完成♪

コツ・ポイント

  • 計量スプーンで作業すれば、洗い物が少なく済みます。
  • レンジ、耐熱容器によって加熱時間は調節してください。
    (作り置きにする場合は、加熱時間を長めにとって卵にしっかり火を入れてください)

レシピの感想をお待ちしています

クックパッドキッチンにも載せています。

つくれぽでご感想いただけると励みになります^^

レシピブログにも参加しています

少しでも皆さんの役に立つような内容を頑張って発信していきます。

応援よろしくお願いします😌

タイトルとURLをコピーしました