【レシピ】焼き舞茸のすだち味噌和え【秋の簡単おつまみ】

舞茸のすだち味噌和え野菜レシピ

どうも、MI-RINです。

今回は秋が旬の舞茸・すだち味噌を使った簡単おつまみです。

難しい工程は一切なし!料理初心者さんにもおすすめです^^

舞茸の香ばしさと味噌のコク、すだちのさっぱり感が何とも粋な味。

まさに大人のおつまみです。

ぜひ秋上がりの日本酒とかに合わせたい^^(焼酎にも合います)

今回のレシピのポイント
  • 舞茸をあえて少し焦がし、香ばしく焼くことで旨味がアップ
  • 手間をかけすぎず、あと一品欲しい時にもささっと出来る
  • 油を一切使わないので、低カロリーでダイエット中にも

舞茸は免疫力アップ食材としても優秀。

季節の変わり目に多い風邪対策にもかなりおすすめです。

食物繊維豊富なきのこと発酵食品の味噌腸活にもぴったりの組み合わせ。

腸活を心がけている人にも作ってもらいたいレシピです!

コクうまだけどさっぱりしているので、どんな料理の副菜にも合うかと思います。

副菜に悩んだ時にもぜひお試しください^^

それではレシピをどうぞ。

【レシピ】焼き舞茸のすだち味噌和え

材料(2人分)

  • 舞茸…1パック(100g)
  • 味噌…大さじ1
  • 酒…大さじ1
  • すだち…1/2~1個

作り方

1.すだちは半分に切る。

2.舞茸は石づきを落とし、食べやすい大きさに手でほぐす。

3.味噌と酒は混ぜておく。

4.フライパンを中火で熱し(油不要)、舞茸をなるべく重ならないよう並べる。

5.こんがりいい香りがしてきたらひっくり返し、全体的に焼き目をつけていく。火が強ければ、少し弱めてください。

6.全体的に火が通ったら弱火にし、溶いた味噌を加えてよく絡める。

7.絡まったら火を止め、すだちを絞ってよく和えて完成♪

コツ・ポイント

  • 濃いめの味付けなので、お好みで調味料の量を加減してください
  • すだちは1/2個だとほんのり、1個使うとしっかりめになります
  • こちらもお好みで加減してください

料理初心者さんが失敗しないためには?

  • 舞茸はなるべく同じ大きさになるように手でちぎる
  • 最初、片面に焼き目がつくまではじっと我慢する
  • 味噌を絡めるときは必ず弱火に落としてから

舞茸はなるべく大きさが揃った方が火が均等に入りやすいですが、神経質になる必要はなし。

お味噌は焦げやすいので必ず弱火に落としてから入れるようにしてください。

適当に作っても大丈夫なので、ビビらずぜひ挑戦してみてくださいね!

レシピの感想をお待ちしています

クックパッドキッチンにも載せています。

つくれぽでご感想いただけると嬉しいです!

応援していただけると励みになります

レシピブログ に参加しています。

ポチッと押して応援していただけると励みになります!

タイトルとURLをコピーしました