【副菜レシピ】ゴーヤのケチャップ味噌煮。ゴーヤ好きにおすすめ。

ゴーヤのケチャップ味噌野菜レシピ

どうも、MI-RINです。

今回はゴーヤだけで作る、副菜にぴったりの一品です。

これは私がちょっとマクロビにハマっていた頃に考えたレシピです。

ちょっと変わり種ですが、好きな方は好きな味かも^^

今回のレシピはマクロビ仕様ということもあり、だし汁を使っていませんが、もちろんだし汁を使ってもらってもOK。

そのほうがさらに深みが出て美味しいと思います。

タイトルの通り、ケチャップと味噌で味付けしたゴーヤちゃんです。

ゴーヤのほんのりとした苦味に、ケチャップの甘さと味噌のコクで深い味になります!

なぜか後引く美味しさです。

さらに…
  • 冷たくても美味しいので、作り置き・お弁当のおかずにも
  • 味付けは少し濃いめなので、おつまみにもぴったり
  • 生姜をプラスして代謝アップ!ダイエットにもおすすめ

出来立てよりも冷めたほうが味が馴染み、苦味も優しくなるので、作り置きにしたり、お弁当のおかずにもおすすめ。

しっかり味なのでおつまみにもなります^^

夏の暑い日は冷たいものばかり食べて代謝が落ちやすいですが、生姜をプラスすることで体の中から温め、代謝がアップします。

お疲れの胃腸も元気にしてくれるので、夏バテで食欲がない日にもぜひ。

飾り用の鰹節には、ゴーヤの苦味を和らげる効果があるだけでなく、疲労回復効果も期待できます。

疲労回復効果を狙うのであれば、ぜひたっぷりとかけて食べてくださいね!

ゴーヤの食べ方がマンネリ化してるな…と感じていたら、ぜひ一度お試しください。

それではレシピをどうぞ。

【副菜レシピ】ゴーヤのケチャップ味噌煮

材料 (2人分)

  • ゴーヤ中1/2本…(100g位)
  • 生姜(あればぜひ)…小1/2片(5g位)
  • ケチャップ…大さじ1
  • 味噌…大さじ1/2
  • 水…適量
  • 鰹節(飾りに)…少々(なくても)

作り方

1.ゴーヤは洗って縦半分に切り、種とワタをスプーンなどで取り除く。
その後薄切りにする。

2.生姜は洗って皮は剥かず千切りにする。

3.切った材料、ケチャップ、味噌、ひたひたより気持ち少なめの水を小鍋に入れ、全体をよく混ぜる。

4.中火にかけ、沸騰したら少し火を弱めて、そのままコトコト煮る。

5.途中軽く混ぜ、様子を見ながら汁気がなくなるまで煮れば完成♪
 好みで鰹節をふって。冷めても美味しいですよ^^

コツ・ポイント

  • 気にならなければワタと種を取り除かず、そのまま使っても。
    種が切りづらいときは、一旦取り除いてから刻んでください。
  • 生姜を入れるとさらに苦味が和らいで食べやすいです。
    飾りの鰹節にも苦味を和らげる効果が有ります。
  • 甘めの味付けです。
    生姜、ケチャップ、味噌の量は好みで加減してください。

レシピの印刷・共有はこちら

クックパッドキッチンにも載せています。

レシピの共有、印刷はこちらからどうぞ。

(つくれぽでご感想もいただけると嬉しいです^^)

レシピブログはこちらから。他のブロガーさんもぜひ見てみてね♪

タイトルとURLをコピーしました