【レシピ】にんじん間引き菜のシンプル炒め【節約・栄養満点】

間引きにんじん野菜レシピ

どうも、MI-RINです。

今回は、節約にもおすすめのにんじんの間引き菜のレシピです。

新にんじんの季節になると、よく直売所などでも見かける「にんじんの間引き菜」。

葉っぱがメインになるので、人参というよりは葉野菜のような感じ。

葉っぱには栄養が豊富なので、ぜひ食べてもらいたい野菜の一つですが、こんな悩みを持っている方もいるのではと思います。

  • いまいち食べ方が分からない
  • ふりかけや天ぷらぐらいしかレパートリーがない
  • 刻むのが面倒。できるだけ簡単なのがいい

そこで、とてもシンプルなレシピを考えました。

にんじんの葉は青臭さが少なく、ほんのりとしたにんじんの風味が特徴。

その良さを生かすため、あえて味付けは塩胡椒のみにしています。

ちょっとしたおすすめポイントも。

  • 間引き菜は手頃な値段で手に入るので節約
  • 切って炒めるだけなので時短にも
  • 葉付きにんじんの葉の消費にも
  • ヘルシーなおつまみとして

間引き菜の食べ方に悩んだら、ぜひ一度作ってみてください。

それではレシピをどうぞ。

【簡単レシピ】にんじん間引き菜のシンプル炒め

材料(1人分〜)

  • 間引きにんじん(葉付き)…50g〜(好きなだけ)
  • 塩…少々
  • 胡椒…少々
  • オリーブオイル…小さじ1〜(好きなだけ)

作り方

1.間引きにんじんはよく洗って、食べやすい長さに切る。(だいたい4㎝ぐらい)

2.フライパンを熱してオリーブオイルをひき、中弱火でにんじんの根部分と葉の硬い部分を炒める。

3.透明感が出て少し焦げ目がついたら、葉の部分も加え、塩、胡椒を振り、さっと炒める。

4.好みの具合にしんなりしたら完成♪

5.葉はシャキシャキ爽やかで、根は甘くて美味しいです♡

お好みでレモン汁を少したらしても、爽やかになって美味しいですよ♪

間引きにんじん

コツ・ポイント

  • 切り方、分量に決まりはないので、気ままに作ってください♪
  • 塩味が結構しっかりつくので、塩控えめがおすすめです。
  • 時期によっては葉が少し硬いものもあるので、その場合は長めに炒めるか、短めに切って炒めてください。

レシピの感想をお待ちしています

クックパッドキッチンにも載せています。

つくれぽでご感想いただけると嬉しいです!

応援していただけると励みになります

レシピブログ に参加しています。

ポチッと押して応援していただけると励みになります!

にんじんの間引き菜の栄養

にんじんは元々βカロテンを多く含む野菜ですが、葉っぱの部分はさらにβカロテンが豊富です。

βカロテンはビタミンAの一種で、免疫力のアップや目の健康を支えています。

βカロテンは、油に溶けやすい性質のため、油を使う料理にすると体への吸収率がアップします。

サラダにしたり茹でたりして食べるのもいいですが、ヘルシーにするためにドレッシングや味付けをノンオイルにするのではなく、少しでもいいので油を使うのがおすすめです。(ツナ缶とサラダにするのもアリです。)

タイトルとURLをコピーしました