【レシピ】伏見唐辛子(伏見甘長)を味わう食べ方【時短・おつまみ】

伏見唐辛子(伏見甘長)の食べ方野菜レシピ

どうも、MI-RINです。

今回は、伏見唐辛子(伏見甘長唐辛子)をシンプルに味わう食べ方を紹介します。

時短したいときや、ササッとおつまみを作りたいときにもおすすめです。

伏見唐辛子って何?

という人のために、簡単に説明すると…

伏見唐辛子(伏見甘長)

伏見唐辛子は、京都府の伏見区で江戸時代から栽培されてきた「京都の伝統野菜」。

細長い形で見た目は大きな唐辛子ですが、味はピーマンに近い感じで、甘みとほんのりの苦みがあり、辛みはありません。

中に種が入っていて、ししとうと同様に調理することが多いです。

少し色が黒っぽい部分は「アントシアニン」なので、体に害はありません。(むしろ栄養)

加熱するとほとんど見た目も気にならなくなりますよ^^

今回の野菜は「坂ノ途中」さんの定期便のもので、その中に入っていた「野菜の説明書」を参考に作りました!

坂ノ途中さんお野菜についてはこちらで詳しくご紹介しています。

伏見唐辛子は油を使って調理することが多いですが、今回はあえて油を使わずシンプルに。

野菜がもつ甘さ・ほろ苦さ・香りなどをダイレクトに味わえる食べ方です!

後がけの鰹節と醤油が最高の相性

これだけでビールや日本酒のおつまみになります。

今回のレシピのポイント
  • 切らずに丸ごと焼くだけなので、超時短
  • 油を使わずヘルシーなので、ダイエット中でもたっぷり食べられる
  • ビールや日本酒のおつまみ

私は醤油が好きなので、醤油をかけて食べましたが、ぽん酢好きならぽん酢でも美味しいです^^

美肌作りや風邪予防にピッタリな「ビタミンC」「カロテン」も豊富!

ぜひモリモリ食べてくださいね!

伏見唐辛子が手に入ったら、ぜひ一度お試しください^^

それではレシピをどうぞ。

【レシピ】伏見唐辛子(伏見甘長)を味わう食べ方

材料 (2人分|作りやすい分量)

  • 伏見唐辛子(伏見甘長)…10本(70gぐらい)〜好きなだけ
  • 鰹節…たっぷり
  • 醤油、またはだし醤油…適量

作り方

1.グリルにアルミホイルを敷いておく。
 伏見唐辛子を洗って、重ならないように並べる。

2.つまようじで2ヵ所ほど穴を開けておく。
(破裂防止)

3.強火で7分ほど少し焦げ目がつく程度に焼く。
(焦げ目がなくても、柔らかくなっていればOK)

4.鰹節をたっぷりかけ、食べる直前に醤油またはだし醤油をかけて完成♪
 ビールのおつまみにどうぞ^^

コツ・ポイント

  • 分量は全て適当でOKです。
  • オーブントースターでも同様にできます。焼き時間は様子をみながら加減してくださいね。

レシピの感想をお待ちしています

クックパッドキッチンにも載せています。

つくれぽでご感想いただけると励みになります^^

レシピブログにも参加しています

レシピブログ に参加しています。

ポチッと押して応援していただけると嬉しいです😌

タイトルとURLをコピーしました