【時短レシピ】トマトと舞茸の醤油蒸し。味付けは醤油だけ!

トマトと舞茸の醤油蒸し野菜レシピ

どうも、MI-RINです。

今回は私のレシピの中でもロングセラーの副菜レシピを紹介します。

おかげさまで掲載誌も2つ↓

宝島社さんのこちら。

(表紙にもちゃっかり載ってるよ。ありがたや~)

オシャレに作っていただきました( *´艸`)

こっちもね。GAKKENさんの本。

こっちは献立式になってるから、メインとの組み合わせも参考になる!

おまけにつくれぽも100人達成しました!

このレシピを作ったきっかけは、トマト×舞茸の組み合わせは旨味の相性が抜群と知ったからです。

トマトの「グルタミン酸」と舞茸の「グアニル酸」は旨味の相乗効果を生み、単体で料理した時よりも「美味しい!」と感じやすくなるんです。

旨味がしっかりしていたら余計な味付けが要らないはず!

ということでこんなメリットも。

  • 旨味たっぷりなので味付けは醤油だけで十分。手間が省ける
  • 醤油自体が黒いので、舞茸の黒いだしの色をごまかせる
  • ノンオイル、甘みもゼロなのでとってもヘルシー。ダイエットにも。
  • あっという間に完成。時短にも。

クックパッドのレシピのページにはプロの方が動画まで作ってくれています!

よかったらレシピページもご覧ください。

シンプルな料理は私の原点でもあります。

あれもこれもと手を加えなくても十分美味しくできるんだ、と改めて気づかされます^^

できれば美味しいトマト、美味しい舞茸で作ってもらえると、旨味の濃さに驚いていただけるのでは!と思います。

あと一品欲しいな…

という時にぜひお試しください。

それではレシピをどうぞ。

【時短レシピ】トマトと舞茸の醤油蒸し

トマトと舞茸の醤油蒸し

材料 (2人分)

  • トマト…中1個(100~120g位)
  • 舞茸…1パック
  • 醤油…大さじ1
  • 酒(なくてもOK)…少々
  • ねぎ(小口切り)…適量
  • (お好みで)刻み海苔や七味など…適宜

作り方

  1. 舞茸は手で小房に分け、トマトは8つぐらいにくし切りにする。
  2. 材料全てを小鍋かフライパンにいれ、ふたをして中火にかける。
  3. 舞茸がしんなりしてきたら、ふたを開けて軽く混ぜ、少し火を弱めて、焦がさないよう水分を飛ばす。
  4. 皿に盛ってねぎを散らせば完成♪お好みで刻み海苔や七味をプラスしても(*^^*)

コツ・ポイント

  • 素材の旨味を味わうために甘みはつけていませんが、お好みで砂糖やみりんを足してもらっても♪
  • 舞茸に火が通る前に煮詰まってきたら、 水か酒を少しずつ足して様子を見てください。

レシピの印刷・共有はこちら

クックパッドキッチンにも載せています。

レシピの共有、印刷はこちらからどうぞ。

(つくれぽでご感想もいただけると嬉しいです^^)

レシピブログはこちらから。他のブロガーさんもぜひ見てみてね♪


フライパンで簡単に作れる副菜レシピならこちらもおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました