【レシピ】きのこだけ!豆乳味噌カレースープ【腸活・ヴィーガン対応】

きのこの豆乳味噌カレースープ野菜レシピ

どうも、MI-RINです。

今日は腸活レシピとしてもおすすめの簡単スープレシピをご紹介します。

私自身お味噌汁が大好きで、様々な具材を入れて作りますが、やっぱり和風だしがベースだとなかなか洋食には合わせにくいな…と感じています。

特に肌寒い季節は、朝昼晩問わず温かい汁物が一品あるだけでほっとします。

せっかくだったらパンやパスタに合うスープも一品欲しいところ…。

そこで思いついたのが今回のレシピ。

お味噌と豆乳は大豆同士なので間違いなく相性が良いです。

そこに生姜とカレー粉がアクセントになって美味しいです♪

さらに味変・代謝アップを狙うならシナモンをちょい足しするのがおすすめです。

レシピのポイントはこちら
  • きのこ×味噌で腸活にもピッタリ
  • 火の通りやすく、いいおだしが出るきのこを具材にすることで時短
  • 動物性食材を使わないことで、ヴィーガンも対応
  • カレー粉や生姜を加えることで代謝がアップし、ダイエットにも

きのこと味噌は腸活におすすめの組み合わせ。

便秘や肌荒れの改善・風邪予防などに効果的です。

腸活に関して詳しく知りたい方はこちらの記事にまとめています。

手間や時間はかけたくないので、火が通りやすく、旨味の濃いきのこを具材にチョイス。

きのこはしめじやエリンギ何でもOKです。

きのこだけでも十分美味しいですが、さらに深みやボリュームを出すなら、玉ねぎもおすすめ。

玉ねぎは旨味や甘みがプラスし、カレー粉との相性が良いだけでなく、血行をよくしてくれるので冷え性にも効きます。

カレー粉も生姜も血行改善の効果が高い食材です。

自分で冷えの症状を感じていない方でも、疲れ・だるさ・肩こり・むくみなどの症状は体の冷えから来ている場合もあります。

特に女性は冷え性になりやすいので、意識的に体を温めてあげることが必要です。

上記の症状で悩んでいるのであれば、ぜひ今回のレシピを試してみてください^^

ちなみに、こちらのレシピは雑誌に掲載されています。

クックパッドではつくれぽ100人達成しました。

専門家厳選レシピのところでも紹介していただいてます。

西邨マユミ先生の「プチマクロで美肌ごはん」のところ↓
(※プレミアム会員でないと利用できません)

話がそれちゃいましたが…。

それではレシピをどうぞ。

【腸活レシピ】きのこだけ♪豆乳味噌カレースープ

きのこの豆乳味噌カレースープ

材料(1人分)

  • きのこ(今回はしめじ)…100g(小1パック)
  • 生姜…適量
  • 水…50cc
  • 豆乳…150cc
  • カレー粉…小さじ1/2
  • 味噌…小さじ2
  • パセリ、シナモン(好みで)…適量

作り方

  1. きのこは石突きを落とし、手で適当にほぐす。生姜は洗って千切りかみじん切りに。
  2. 小鍋に①と水を入れ、蓋をして中火にかける。
  3. きのこが軽くしんなりしたら、豆乳とカレー粉を加えて一煮立ち。
  4. ※豆乳を加えたら、沸騰させすぎない!
  5. 弱火にして味噌をしっかり溶いたら完成♪好みでパセリやシナモンを振って。

コツ・ポイント

  • きのこはなんでもOKです♪ミックスしても(*’ω’*)
  • 味噌、カレー粉によって、お好みで量を加減してくださいね。
  • シナモンを振ると甘みがプラスされておススメです♪

レシピの感想をお待ちしています

クックパッドキッチンにも載せています。

つくれぽでご感想いただけると励みになります^^

レシピブログにも参加しています

少しでも皆さんの役に立つような内容を頑張って発信していきます。

応援よろしくお願いします😌

タイトルとURLをコピーしました