【野菜通販】「坂ノ途中」の野菜を使ったレシピまとめ【11月1回目】

レシピまとめ

どうも、MI-RINです。

最近、野菜通販で「坂ノ途中」さんを利用させていただいています^^

今回は、坂ノ途中さんから届いた野菜で料理をした時のレシピをまとめました。

自分で考えたレシピや、クックパッドで検索したレシピが中心です。

(※鍋物系などはレシピ紹介がない場合もあります。ごめんなさい…)

坂ノ途中さんのお野菜は、定番のものから変わり種まで多種多様。

バラエティ豊かで、「栽培期間中、化学合成農薬・化学肥料原則不使用」や「有機栽培」など体に優しい野菜が魅力。

それゆえ、あまり見かけたことがない野菜が入っていることもあります。

  • どんな野菜が届くのか、ラインナップが気になる…
  • こんな野菜が届いたけど、どうやって食べたらいいか分からない!

という人は、ぜひ参考にしていただけると嬉しいです。

坂ノ途中は隔週コース・毎週コースが選べ、サイズは3パターンあります。

私は隔週コースなので、月に2〜3回届きます。

サイズは、Sサイズで野菜が7〜9種+おまけが届きます。

詳しくは坂ノ途中お野菜セット定期宅配ページで。

今回の野菜セットの内容・レシピまとめ(一覧)

野菜食べ方・レシピ
リーフレタス(みどり)自家製ドレッシングでサラダ
コマツナコマツナとひらきなめこなめたけの和え物
ニラ豚ニラもやしのオイスター味噌炒め
黒枝豆フライパンで簡単にできる塩茹での方法
あやめっこだいこん【レシピ】なめらか*あやめっこ大根の甘酢漬け【簡単作り置き】
・あやめっこだいこんと白菜のサバ缶蒸し
・あやめっこだいこんの皮と葉できんぴら
ごぼう・豚肉とごぼうのきんぴら
・牛肉とごぼうの柳川風
じゃがいも(シャドークイーン)ちょーーー簡単!!ジャーマンポテト (クックパッドより)
・揚げない♪オーブンポテト
ひらきなめこ【レシピ】ひらきなめこでなめたけ♪とぅるん美味【簡単・作り置き】
温州みかん皮をむいて食べる!

簡単な野菜の紹介・感想と合わせて、それぞれのレシピをご紹介していきます。

(野菜セットの内容例は坂ノ途中のページでも見ることができます。)

オーガニックリーフレタス(みどり)

程よい柔らかさとシャキシャキ食感が魅力のリーフレタス。

炒め物やスープにしても美味しいですが、今回は新鮮さを活かしてサラダにします!

自家製ドレッシングでサラダ

根元に土が溜まっているのでしっかりよく洗って、手で豪快にちぎります!

試作中の海苔ドレッシングをかけていただきました。

柔らかいので、モリモリ食べられます^^

今回のドレッシングは醤油ベースで作りましたが、シンプルに海苔・塩・ごま油で食べるのも美味しいです。

試作段階なので分量が決まったら、レシピ化しますが参考程度に分量を記載しておきます。

よければお試しくださいね♪

海苔ドレッシングの材料
  • 焼き海苔…全形だと1/4枚分ぐらい(細かくちぎる)
  • 醤油…大さじ2
  • 砂糖…大さじ1
  • 酢…大さじ1/2
  • ごま油…大さじ1/2
  • 炒りごま…大さじ1

全部よく混ぜて、海苔がふやけてきたら食べ頃です!

有機コマツナ

茎も太く、新鮮そのもの。

有機コマツナなので、このままサラダにしても良さそうですが、今回は和え物を作ります!

コマツナとひらきなめこなめたけの和え物

ひらきなめこなめたけの青菜和え

なめこを醤油で味付けしたものを、青菜で和えると美味しいそうなので、ひらきなめこのなめたけを和えてみました。

確かに相性バッチリ!

なめこに少しとろみがあるので、味がよく絡みます。

なめたけだけ作っておけば、コマツナを茹でるだけで出来るのでとても楽チン^^

ヘルシーなおつまみとしてもピッタリです♪

なめこなめたけについては下記の「ひらきなめこ」のところでご紹介します。

青菜和えの作り方はこちら。

作り方
  1. コマツナは根元をよく洗って、沸騰したお湯で茎から順番に沈めていく。
  2. 鮮やかな緑色になるまで茹で、茹で上がったらザルにとる。(茹で時間目安:2〜3分)
  3. さっと流水をかけ、冷めるまで放置。冷めたら食べやすい長さに切って、手で水気を絞る。
  4. ひらきなめこなめたけとよく和えれば完成♪
  5. コマツナはレンジ加熱してもOKです。(こっちのほうが簡単)

有機ニラ

今回で2回目の有機ニラ。

ピンとして緑も濃く、とても新鮮!

今回も炒め物にしちゃいます!

豚ニラもやしのオイスター味噌炒め

最強トリオ「豚肉・ニラ・もやし」で炒め物を作りました。

シンプルなオイスターソース味でもよかったですが、少し挑戦で味噌と組み合わせて。

オイスターソースと味噌、結構合います!

そこそこ好評だったので、分量や作り方が確定次第レシピ化を検討中です…。

ちょっとアバウトなところも多いですが、今回の段階でのレシピを載せておきます。

ちょっと作ってみたいな!という人はぜひ参考にしてみてください

作り方
  • 豚肉…250g
  • 味噌…大さじ1
  • 酒…大さじ1
  • ニラ…100g
  • もやし…200g
  • ごま油…大さじ1
  • オイスターソース…大さじ1
  • 塩、胡椒…適宜
  1. 豚肉に味噌・酒を揉み込み、30分ほど冷蔵庫で漬ける。
  2. ニラはよく洗って食べやすい長さに切る。
  3. もやしはさっと洗ってザルに上げておく。ニラの一番下の硬いところだけ、もやしと同じザルに入れる。
  4. フライパンを中火で熱してごま油をひき、豚肉を炒める。
  5. ピンク色のところがなくなるまで炒めたら、もやし・ニラの軸を加えて1分炒める。
  6. オイスターソースを加えてさらに1分炒めたら、残りのニラを加えてさらに1分。
  7. ニラが程よくしんなりしたら、塩・胡椒で味を調えて完成♪

黒枝豆

秋に美味しい枝豆といえば「黒枝豆」も外せません。

かなり大振りで実がパンパンに詰まっています。

所々茶色のサヤが見えるのは熟している証拠で決して傷んでいる訳ではないです。

熟しているといことは旨味もギュッとしているに違いない!

期待度が高まります^^

今回は定番の塩茹でにします。

私の普段の茹で方「フライパンで簡単にできる塩茹で方法」をご紹介します。

とっても簡単ですよ♪

フライパンで簡単にできる塩茹での方法

食べ切れないくらいたっぷり茹でる時は鍋で茹でたほうが楽チンですが、今回のように150gと食べきり分量の場合はフライパンで茹でます。

フライパンだとお湯が沸く時間を短縮できるだけでなく、茹で湯の節約にもなります。

スーパーなどで売っている一袋の枝豆ぐらいなら、18〜20cmぐらいの小さいフライパンでOK。

フライパンがない場合は小鍋でも大丈夫ですが、できるだけ口の広い物がおすすめです。

作り方

1.黒枝豆は塩で揉み洗いする。水を2〜3回替えながら、しっかり汚れを落とす。

2.さやの上を少しだけチョキンとハサミで切る。(塩味がよく染みて美味しいよ)

3.フライパンに黒枝豆を入れて、塩2つまみをよく馴染ませ、ひたひたぐらいの水を注ぐ。

4.フタをして中火にかけ、沸騰してきたら5〜7分湯がく。(茹で時間は豆の大きさによります。普通の大きさだと5分ほどで。今回は大きかったので7分がベスト)

5.途中吹きこぼれそうになったら、少し火を弱めてね。(途中で一度かき混ぜると茹でムラ防止になります)

6.茹で上がったらザルにとって自然に冷ます。(水は絶対にかけない!)

7.お好みでさらに塩を振って食べてね!熱いけど茹でたて最高です♪

ホクホクで豆の味が濃い〜です。

黒枝豆ならではの奥深い香りとコクのある甘みが大好きなんですよね^^

こんなに大きく立派なものは食べたことがなかったので食べごたえがありました!

豆が大きいからといって決して硬いわけではなく、ちゃんと柔らかくしっとりしています。

ぜひ「フライパン茹で」もお試しくださいね。

あやめっこだいこん

あやめっこ大根(あやめっ娘大根)

赤紫色と白のグラデーションが綺麗な小さめの大根。

中は真っ白で水分がやや少なく、パリッとした歯ごたえとほんのりとした甘みがあります。

身がしまっているため煮崩れにくく、おでんなどの煮物にもピッタリ。

生で色を楽しむもよし。皮をむいて煮物にするもよし。

食べきりサイズで残る心配もありません♪

せっかくなので、今回は甘酢漬け・煮物の両方で楽しみたいと思います。

あやめっこ大根についてはこちらの記事で詳しくまとめています

なめらか*あやめっこ大根の甘酢漬け【簡単作り置き】

あやめっこ大根の甘酢漬け

鮮やかな色をしている大根といったら…やっぱり甘酢漬け。

甘酢に漬かると超なめらか食感が楽しめます!

歯ごたえがしっかりあるので、パリッとした感じが好きな人はサラダでも良さそうですが、甘酢にするとシャキッとほどよい歯触りになります。

言い過ぎかもしれないけど、千枚漬けに近い高級感漂うなめらかさになりました^^

赤紫色の濃い上半分だけを漬けたのですが、一日で食べてしまいました…。

レシピはこちらにまとめています。

あやめっこだいこんと白菜のサバ缶蒸し

煮物…ではなく蒸し物にしました。

冷蔵庫に半端に余っていた白菜と、買い置きしてたサバ缶を加えてシンプルに。

確かに崩れにくく、でも筋があるわけでもなく、歯を入れるとスッと柔らかい♪

アクも少なく、さっと下茹でするだけですぐに使えます。

シンプルな味付けもいいですが、濃い味付けにも合いそうです。

作り方
  • あやめっこだいこん…1/2本(200〜250g)
  • 白菜…適量(今回は1/8切ぐらい)
  • サバ缶(水煮)…1缶(190g)
  • 酒…適量(50mlぐらい/ひと回しの量)
  • (つけだれとして)ぽん酢、醤油、ドレッシング
  1. あやめっこだいこんは皮をむいて2cmぐらいの厚さの輪切りに。さらに半分に切って半月の形にする。
  2. 小鍋に湯を沸かし、だいこんを5分ほど下茹でする。
  3. フライパンに白菜→だいこん→サバ缶(汁ごと)の順に加え、上から酒を回しかける。
  4. フタをして中火にかけ、沸いてきたら少し火を弱めてそのまま10分ほど蒸す。
  5. 白菜が柔らかくなったら完成♪ぽん酢や醤油・ドレッシングなど好きなものをつけて食べてね。

あやめっこだいこんの皮と葉できんぴら

今回少し葉がついた状態で届き、葉の部分も鮮度が良かったので、煮物の時にむいた皮と一緒にきんぴらにしました。

皮は硬いので、中弱火でじっくりじっくり炒めるのがポイント。

ポリポリほどよい歯ごたえが楽しく、甘辛味で箸が進みます♪

冷たくても美味しいので、作り置きにしたり、お弁当に入れたりと万能ですよ。

お酒にも合うので、ヘルシーなおつまみとしても^^

これで丸ごと無駄なく使い切り!

作り方
  • あやめっこだいこんの皮、葉…適量
  • ごま油…適量(大さじ1/2ぐらい)
  • 砂糖:みりん:醤油…1:1:2(今回は砂糖大さじ1、みりん大さじ1、醤油大さじ2)
  • 鰹節(あれば)…一袋
  • 炒りごま(あれば)…適量
  1. あやめっこだいこんの皮、葉は細切りにする。
  2. フライパンを中火で熱してごま油をひき、皮と葉を炒める。
  3. 皮がしんなりするまで炒める。(途中焦げ付きそうなら火を弱めて)
  4. 砂糖・みりん・醤油を加え、手早く炒める。
  5. 汁気が飛んできたら、鰹節を加えて絡め、火を止めて炒りごまを和えたら完成♪

有機ごぼう

あまりスーパーでお見かけしない、有機ごぼう。

有機だと皮まで安心して使えるので、ポリフェノールなど皮に近い栄養・旨味が丸ごといただけます!

今回は炒め物、煮物の両方に使います。

豚肉とごぼうのきんぴら

「シンプルなきんぴらにしようかな」と思いましたが、豚肉を買ってしまったので豚肉と甘辛く炒めました。

極力皮の部分を残して、やや太めのカットに。

おかげでごぼうの香りが増し増し!ごぼう好きにはたまらない一品です。

豚肉の油や旨味を吸ったごぼうがまた美味しいこと!

おつまみにしたら止まらなくて、あっという間に食べてしまいました^^

作り方
  • ごぼう…100g
  • 豚肉…100g
  • 塩、胡椒…各少々
  • ごま油…大さじ1/2
  • 合わせ調味料(器で混ぜ合わせておく)
    • 砂糖…大さじ1
    • 酒…大さじ1
    • みりん…大さじ2
    • 醤油…大さじ3
  1. ごぼうはアルミホイルでこすり洗いし、土を落とす。(皮は落さなくてOK)
  2. ささがき、または細切りにして水にさらす。(さらす時間は2〜3分でOK)
  3. フライパンを中火で熱してごま油をひき、豚肉を炒める。(途中で軽く塩・胡椒)
  4. 半分ぐらい火が入ったら、ごぼうを入れてよく炒める。(5分ぐらい)
  5. ごぼうが全体に透き通った感じになったら、合わせ調味料を加えてさらに炒める。
  6. 汁気が飛ぶまで炒めたら完成♪

牛肉とごぼうの柳川風

きんぴらに半分使い、残りはちょっと贅沢に牛肉を使って、柳川風にしてみました。

牛肉は我が家では高級品なので、かなり奮発しました!

ごぼうのだし・香りをしっかり引き出すことで、だしなしでも十分美味しいです。

ちょっと蒸らしすぎて卵固めになってしまった…。

あっさりとした味付けで、汁まで飲み干せるぐらいだしが出て美味しい^^

牛の旨味とごぼうの香りってなんでこんなに合うだろう。

何より、このごぼうがかなり香り高くて美味しい!

今回は一人用土鍋で作ってみましたが、普通の小鍋でもちろんOK。

作り方
  • ごぼう…100g
  • 三つ葉…1袋分
  • 牛肉…100g
  • 調味料
    • 砂糖…大さじ1
    • みりん…大さじ2
    • 酒…大さじ2
    • 醤油…大さじ2
  1. ごぼうはアルミホイルでこすりながら汚れを洗い流す。(皮はキレイに落さなくてもOK)
  2. ささがきにして水に2〜3分さらす。
  3. 三つ葉は3cmぐらいの食べやすい長さに切る。(葉の部分だけ飾り用に少しよけておく)
  4. 小鍋に水を400mlぐらい沸かし、沸騰したら調味料を入れ、ごぼうを加える。
  5. そのままコトコト10分ほど、味が染み込むまで煮る。
  6. 牛肉を加えてさらに煮る。一度沸いたら火を弱めてアクをとり、弱火でコトコト5分。
  7. 卵を別の器でときほぐしておく。
  8. 三つ葉(飾り用を除く)を加えて、さっと火を通し、溶き卵を加える。
  9. 白身がある程度固まったら飾り用の三つ葉をのせてフタをし、余熱で火を通す。(大体1分ほど)
  10. 蒸らし終わったら完成♪お好みで七味をかけても美味しいです。

じゃがいも(シャドークイーン)

シャドークイーンは紫色が特徴のじゃがいも。

この鮮やかな色は「アントシアニン」によるもの。

少しホクッと感もありつつ、しっとりもしています。

男爵とメークインの間みたいな感じです。

シンプルに蒸して食べてみましたが、ほんのりと甘みがあり、旨味が濃くて美味しいです。

アントシアニン は水に溶けやすく、他の食材に色が移りやすいので、今回は炒め物にしたり単体で料理することにします!

ちょーーー簡単!!ジャーマンポテト

お芋自体が美味しいので、シンプルな味付けで味わうべく、ジャーマンポテトにしてみました。

おうちに余ってたメークインと2種類を混ぜて彩よく^^

メークインも美味しいけど、やっぱりシャドークイーンのほうが味がしっかりしてる!

ウインナーの旨味を吸うとまた美味しさがアップ!

炒め物であれば、ほとんど色移りしないので、気にせず使うことができます。

レシピはクックパッドで

揚げない♪オーブンポテト

シャドークイーンといえばやっぱりフライドポテトでしょ!

とは思ったものの、揚げるのが面倒だったので、オーブントースターで仕上げる「揚げない♪ポテト」にしました。

揚げ油いらずでとっても簡単なので、いつもこの作り方で作ります。

揚げない分カロリーがグッと抑えられ、ヘルシーで罪悪感なし♪

焼きたてはサクッとしていて、お芋のホクホク感も味わえます^^

素材の味が大切なので、美味しいじゃがいもで作るのがポイント!

フライドポテトが食べたい…でもカロリーが…という時にぜひお試しくださいね。

作り方
  1. じゃがいもを皮ごとよく洗って、水気を切っておく。(皮付きのほうが見栄えよく仕上がりますが、苦手な場合はむいてもOK)
  2. くし形に8当分に切って、ポリ袋に移し、オリーブオイルを加えてよく和える。
  3. オーブントースターにアルミホイルを引いて、じゃがいもを重ならないように並べる。(トースターの網が細かく、お芋が落ちる心配がなければ、アルミを引かなくてもOK)
  4. トースターで10〜15分じっくり焼く。
  5. 表面にこんがりと焼き目がつき、竹串がスッと通れば焼き上がりの目安。
  6. 別のポリ袋、または器に移して塩を加え、手早く混ぜる。(やけど注意!
  7. 焼きたてを召し上がれ♪
  8. 味付けは塩・コンソメ・のり塩・カレー粉・ハーブ塩など、お好みのもので♪粉っぽいものならなんでも大丈夫です。

ひらきなめこ

ひらきなめこ

ひらきなめこは、その名の通り「かさが開いたなめこ」のこと。

なめこは熟成期間を経てから出荷されるのですが、通常のなめこが熟成期間60日間のところ、このなめこは80日間とじっくり時間をかけてから出荷されています。

そのため、少しかさが開き旨味もアップ!

味噌汁美味しそうだな…とは思いましたが、坂ノ途中さんのお野菜の説明書には「醤油で煮ると美味しい」と書いていたので、なめたけ風にしてみようと思います。

ひらきなめこでなめたけ♪とぅるん美味【簡単・作り置き】

ひらきなめこでなめたけ

なめたけの味付けが、ひらきなめこに抜群に合います!

えのきよりも旨味のインパクトが大きく、これだけで十分おかずになるぐらい存在感あり。

シャキシャキ食感も楽しく、食べごたえがあって噛むほどに旨味がじゅわ〜。

ごはんのお供はもちろんのこと、日本酒のおつまみにも最高!

なめこは日持ちがしないのが難点ですが、なめたけにすれば3日は冷蔵保存OK。

茹でた青菜で和えたり、冷奴に乗せても美味しいです♪

レシピはこちら

温州みかん(おまけ)

坂ノ途中さんの定期宅配にはいつもおまけがついてきます。

このおまけがいつも楽しみだったりするんです。

今回は中原観光農園さんの「温州みかん」。

広島県で作られ、毎年人気のみかんだそう^^

もちろんですが、皮をむいていただきます!

甘みと酸味のバランスが絶妙、とのことですが、確かにさっぱりとした味わい!

時期が少し早いという事もあってか、やや酸味が勝っていますが、後に残る爽やかな甘さが心地いいです。

果肉もジューシーで美味しい♪

少し薄皮が厚いので、薄皮が苦手な人は気になるかもしれません^^;

(私は薄皮までこよなく愛する人間なので全く気にならなかったです。)

何個でも食べられる美味しさ♪

今回のレシピを使った献立例がこちら

あやめっこだいこん特集!
  • 豚ニラもやしのオイスター味噌炒め
  • あやめっこだいこんと白菜のサバ缶蒸し
  • あやめっこだいこんの皮と葉できんぴら
  • なめらか*あやめっこ大根の甘酢漬け
お野菜たっぷりヘルシー献立
  • ちょーーー簡単!!ジャーマンポテト 
  • 自家製ドレッシングでサラダ
  • コマツナとひらきなめこなめたけの和え物

かなり野菜の量が多いので、野菜好きのための献立になっています。

よかったら参考にしてみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました