本当に自分に向いてる?食事制限だけで痩せる人の特徴まとめました

食事制限のみで痩せる人日々の健康(減塩・ダイエットなど)

体重を減らすという意味では食事制限だけで十分痩せられます。

私も特別な運動をせず食事制限だけで20kg近く落とした経験があります。

ただ、食事制限だけで痩せる人には必ず特徴があります。

自身の経験談も踏まえて、その特徴をまとめました。

食事制限だけのダイエットを始めようと考えているのであれば、「本当に自分に向いている?」のか、一度確認してみてください。

もしこの特徴に一つでも当てはまらなければ、食事制限のみのダイエットで苦労する可能性が高いこと知っておいてください。

食事制限だけで痩せる人の特徴

  • BMIが23以上
  • こだわりが強い・ストイックになれる
  • 自炊ができる
  • 食事管理を徹底できる
  • 明確な目標がある

なぜ、このような特徴をもつ人が食事制限だけで痩せられるのか、その理由を解説していきます。

BMIが23以上

BMIは、体重と身長を元に肥満度を知るための指標の一つです。

BMIの計算方法と判定基準

計算方法:「体重(kg)/身長(m)×身長(m)」

数値の結果が、

  • 18.5未満:痩せ
  • 18.5〜25未満:普通
  • 25以上:肥満

22が適正体重(標準体重)で、最も病気になりにくい体重とされています

参考:日本肥満学会、厚生労働省

※BMIは体重と身長の関係でしか判断できないため、筋肉量が多くて体重が重たい人など特別なケースには対応していません。

つまり、BMIが22程度までの人は、元々太っているわけではないので、「食事制限だけ」のダイエットではなかなか痩せにくいのが現実です。

また、BMIが25未満の人は一応普通とされていますが、23〜24あたりは「肥満予備軍」と見ておいていいかと思います。

私の場合、最高体重の時のBMIが24で肥満の手前だったこともあり、食事だけでもスルスルっと体重が落ちました。

ただ、BMIが22を下回ってくると、代謝が落ちて痩せにくくなり、極度の食事制限を行わないと痩せられなくなって、体調を崩す危険リバウンドのリスクも高まります。

一度BMIを計算して、自分にとって本当に食事制限が必要なのか、ちゃんと確認しておくことが大切です。

こだわりが強い・ストイックになれる

食事制限という言葉の通り、自分に「制限」をかけなければいけません。

「制限」し続けるためには、それだけの執着心ストイックさが必要になります。

自分で決めたことをやり抜く力や、自分を追い込める力がある人でないと、辛い状況が積み重なった時に続かなくなってしまうからです。

「絶対に決めた量以上食べない」「絶対に間食を食べない」「絶対にコンビニやスーパーのお惣菜を口にしない」など、自分で決めたルールを貫き通せすことができますか?

自炊ができる

最近は健康ブームなこともあり、外食やコンビニでもヘルシーでダイエット向きの食品がたくさん手に入るようになりました。

ただ、添加物が多かったり、塩分・糖分の高い食品が多かったりで、結局のところ選択できる食品は限られます。

また、添加物の多い食品を食べると食欲増進ホルモン「グレリン」が増え、つい食べ過ぎになってしまいます。

自分で作ったほうが、塩分・糖分の管理もしやすく、添加物も避けられるため、食事管理が楽になります。

食事管理が徹底できる

食事制限だけで痩せるためには、朝・昼・夕食の基本の食事から間食に至るまで、全ての食事内容・量を把握し、管理する必要があります。

タンパク質の量が必要量より多過ぎても少な過ぎても、ダイエットはスムーズに進まないし、間食の量が曖昧になってしまうと、カロリーの過不足を他の食事で調整しづらくなってしまいます。

カロリーなどの数字的管理は必要ありませんが、摂取している栄養素の内容や大まかな過不足を管理できないと、ダイエットの過程で体調を崩し、ダイエットを継続できなくなる可能性があります。

明確な目標がある

  • 結婚式までに痩せたい
  • あの服を着れるようになりたい

など、「短期決戦でもいいから頑張りたい!」という明確な目標があれば、モチベーションを維持しやすくなります

「今より痩せたい」など漠然とした目標になってしまうと、停滞期に入った時にモチベーションが維持できなくなり、挫折する確率が高まってしまいます。

その後に怖いのが「リバウンド」です。

短期決戦のダイエットは、それだけリバウンド率も高くなります。

どうしても食事だけで痩せたい場合はどうする?

どうしても食事だけで痩せたい…でもストイックにもなれないし、自分で食事管理ができない…

という場合はどうするか?

こういった人には基本的に食事を「制限」することはおすすめできません。

ただ、どうしても「食事だけで痩せたい!」のであれば、以下のことを実践してみてください。

食事だけで痩せるための方法
  • 急な体重減少を目的とせず、健康維持のための食事管理を行う
  • 腸活や菌活に取り組み、体に良いものを積極的に取り入れる

食事管理に関してはゆるやかな体重減少を目的とし、間違った内容のまま行わないことが大切です。

自分で調べて勉強するのが一番ですが、どうしても「時間がない」「難しい」という人は、管理栄養士の力を借りるのも一つの方法です。

管理栄養士がマンツーマンで栄養管理をしてくれるサービスです。オンラインで全て完結。

直接指導で得られる情報は、ネット上で調べた情報よりも専門性が高く、自分に合った内容が詰まっています。

ただ、デメリットとしては、自分で食事管理するよりも、どうしても費用がかかります。

お金を払ってでも指導を受けるかどうかは個人次第です。

徹底して知識を吸収してやる!という姿勢を持つことができれば、下手なダイエット食品を買い続けるよりも経済的で、知識は財産になるので契約期間終了後にも必ず役に立ちます。

腸活・菌活に関してのメリットは、「痩せやすい体の基礎づくり」ができるところです。

体重減少に直接的に結びつきにくいものの、便秘改善や代謝の維持・向上に役立つため、長期的に痩せやすい体をキープすることが可能になります

腸活のやり方についても記事にまとめています。

「腸活のやり方がわからない」という人はこちらの記事を参考にしてみてください。

【体験談】食事制限だけのダイエットは太りやすい体と隣り合わせ

食事制限だけのダイエットは、一番成果がわかりやすい方法です。

食事を減らせば減らすだけ、みるみる体重が落ちる…

ただ、その過程で減っていくものは脂肪だけでなく筋肉・さらには骨量も減っていきます。

特に筋肉量の低下は、体の代謝を下げて溜め込みやすい体を作ってしまうため、「食事制限をすればするほど太る体を作る」といっても過言ではありません。

私の場合は消化力も落ちて、制限していた揚げ物などを食べた瞬間、胃もたれになって残念な思いをした経験があります。

頑張りたい理由は人それぞれのため、食事制限だけのダイエットを完全否定する気はありません。

ただ、「食事制限後の自分は太りやすくなっているかも」と意識しておいたほうが、リバウンド対策を怠らなくなると思います。

食事制限は一時的にしか自分を救ってくれないことを覚えておいてください。

タイトルとURLをコピーしました